1. HOME
  2. どんな保険が必要?

どんな保険が必要?

  • バイクを買った

    自動車保険自賠責保険
    バイクの保険には加入が義務付けられている自賠責保険と自賠責では補いきれない部分を保障してくれる自動車保険の2種類の保険がございます。自賠責保険は対人賠償のみの保障のため、充分にカバーしれくれる自動車保険の加入が必須です。
  • 就職した

    医療保険傷害保険生命保険がん保険
    就職したタイミングでまず考えることは、自分の生活を守るための保障内容についてです。病気やケガなどで就労不能や長期の療養などの備えとしまして医療保険・傷害保険のご加入をお勧めします。
  • 車を買った

    自動車保険自賠責保険
    念願の車を購入しましたら、加入が義務付けられている自賠責保険と自賠責では補いきれない部分を保障する自動車保険への加入が必須です。出来れば、車両保険付帯の自動車保険に加入する事をお勧めします。もしもの事故で過失が出ましても、ご自身で負担すること無く車両保険で過失部分をカバーする事が出来ます。また、大切なお車へのいたずらや盗難なども保障されます。
  • 結婚した

    医療保険傷害保険生命保険がん保険
    結婚して養う家族ができましたら、もしもの事を考えて保険金が受け取れる生命保険への加入をお勧めします。最近は結婚しても共働きが一般的になっておりますので、万が一の事があってもいきなり経済的に困ることは少ないと思われます。しかし残された遺族の事を考えますと生命保険(死亡保障)の加入は必要ですよね!
  • 子供が誕生

    生命保険学資保険傷害保険医療保険
    かわいい、わが子が誕生しましたら将来の事を考えますね。中学・高校・大学などに進学する時にはまとまったお金(学費など)が必要になります。その時に合わせ、給付を受け取れる契約の「学資保険」のご加入をお勧めします。
    学資保険は、お父さん(契約によりましてはお母さん)やお子さんに万が一のことがあったときにも保障されます。
    また、傷害保険や医療保険、生命保険(死亡保障)も大型のものに見直しを考えるきっかけでないでしょうか?
  • 家を買った

    火災保険地震保険
    待望のマイホームを購入しましたら必ず火災保険のご加入をおすすめします。万が一、隣の家から火が出て燃え移っても法律上請求できません。また、大型地震がいつ来るかもわかりませんので、地震保険(建物・家財)も加入しましょう。地震保険は地震保険料控除の対象なので、節税効果も有りお得です。
  • 成人した

    医療保険傷害保険生命保険がん保険
    子供が成人しましたらご自身で加入されてる生命保険見直しのタイミングです。
    生命保険(死亡保障)も相続のことなどを考えて見直しをしてみましょう。また、医療保険も健康保険が未対応の部分を保障する「先進医療費用保障特約」や三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)に対応する「三大疾病入院支払限度日数無制限」がお勧めです。
  • 老後を考え始めた

    医療保険傷害保険の見直し医療保険の見直し
    公的年金だけでは老後の生活に不安を感じられるはずです。
    また将来、経済的に子供に迷惑を掛けたくないと言うのが本心ではないでしょうか?
    老後の不安を解消する為、個人年金保険のご加入をお勧めします。万が一、保険料払込期間中に死亡された場合は、お払い込みいただいた保険料相当額+増額積立金額が返戻されます。個人年金保険は個人年金保険料控除の対象なので節税効果も有ります。
個人のお客様へ

ページの先頭へ